皆さんこんにちは。
最近は修行に励んでいませんが、ちょっと前まで心は空手家だった布施です。

 

昨日のニュースで68歳の空手家が熊を撃退といったものを見つけました。
この手のニュースでよくあるのは、クマともみ合って谷側にクマが落ちたのを「巴投げで撃退」と書かれるパターンですが、この記事は違いました。

こちらは、68歳の空手家の男性が、突きと蹴りでクマを撃退したというものでした。

 

本人談のニュースによると、自宅近くのワサビ田で、背後に違和感を覚えたので振り返ると、1.6mのクマがガオーっと手をあげて威嚇しているのに気が付いたそうです。

空手家としては、この仁王立ちを「腹ががら空き」ととらえたようで、そこに正拳突きをドンッと突き入れたそうです。

するとクマが「き 効くぅ」とおなかの痛さに頭を下げたようで、頭が下がったのなら…と続いて頭に蹴りを入れたとのことです。熊は、この一連の流れで逃走したとのことでした。

 

68歳ですと高齢者と言われる年齢ですが、この精神的にも肉体的にもタフな感じが、実に頼もしいニュースで、読んでいて熱くなりました。いや~ 実にかっこいいです!!!

 

私がこの記事を読んだ後に、急に腕立てふせを始めたのは言うまでもありません(笑)