少し前にキャンプへ行ってきました!
日本アウトドア協会会長と知り合い
でも何でもない エレクアライズアウトドア部キャプテンの布施です。

近場がよいので、去年も行った、さがみ湖リゾートプレジャー フォレスト
パディントン・ベア・キャンプグラウンドを選択。
今年は、天気が良かったので、このキャンプ場に隣接している

じゃぶじゃぶパラダイス
夏季限定開催!「じゃぶじゃぶパラダイス」がメインの企画に決定。

 

暑いし、 早く行きたいのに

 

img_9755

設営を手伝うつもりで、子供たちが邪魔してくる。
彼らは、まったく戦力にはならないけど、愛玩性を発揮するので、可愛いだけでいいかなと。コチラが忙しく動いているこういう時に限って「だっこ~」と寄ってくるのがちょっぴり愛嬌だ。(‘ω’)

.

 数々のインターセプトをかいくぐり、なんとか設営して「じゃぶじゃぶパラダイス」へ。

img_0508
この「じゃぶじゃぶパラダイス」は、一人1,000円でさんざん遊べて破格。
遊んでる最中に子供たちが鼻から水を出しながら、「来年も来よう」と言っていたので、「そんなこと言ってると鬼が笑うよ?」というとキョトンとしていた。
もう少し勉強してください。

 

さて、クッタクタになるまで遊んだ後に夕飯の用意へとりかかる。

img_0249
キャンプは料理が醍醐味なんて言うけど、ちょっと大人は、 この時点で
クッタクタ過ぎで、みんな椅子に座っている( ;∀;)

どうやら子供たちと一緒にはしゃぎすぎたようで、 テントに入って寝っ転がりたいなーと顔が語っているのに気が付かないふりして、肉を豪快に焼くことにした。

「キャンプでは、あんまりサシの入っていない赤みの肉を
焦げ目をつけて焼くのがおいしいよね~」なんて焼いていても
ヤギのような眼で顔をこちらに向けるだけで、大人たちが
反応しない( ゚Д゚)グウテイモクデショウカ?

まあこれだけ疲れれば、子供たちも疲労しているはずだから
早く寝るから後で楽だろうと思っていたところ

 

img_0250

夜になっても元気いっぱいの子供たちは、どの写真を見てみても身体が
ぶれて映っているぐらい、天狗のように走り回っている。

.

 去年そうしたように、夜の21時になってから、ちょこっと山道を探検することに。
月明りは、森の木々にさえぎられているので、まさに漆黒の闇。
自分たちの持っているライトがないと、何も見えないので必然的にお互い寄り添って、最初は振り回していたライトもしっかりと握りしめて、とぼとぼと歩くのが印象的だった。

時折、風もないのに森がガサガサと音を立てるので、「熊いないかな?」なんて聞いてくる子もいたので、「いないよ」と答えたけど、ニュースで、さがみ湖近辺の山にツキノワグマの目撃情報が多数あったなんて、口が裂けてもこの状況では言えないわけで。

遭遇しなかったけど、本当に熊じゃないよね?

∩___∩
| ノ      ヽ
/       |
|    ( _●_)  ミ
彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
|       /
|  /\ \
| /    )  )
∪    (  \
\_)