旅行

Paddington Bear Campground in 2016

少し前にキャンプへ行ってきました!
日本アウトドア協会会長と知り合い
でも何でもない エレクアライズアウトドア部キャプテンの布施です。

近場がよいので、去年も行った、さがみ湖リゾートプレジャー フォレスト
パディントン・ベア・キャンプグラウンドを選択。
今年は、天気が良かったので、このキャンプ場に隣接している

じゃぶじゃぶパラダイス
夏季限定開催!「じゃぶじゃぶパラダイス」がメインの企画に決定。

 

暑いし、 早く行きたいのに

 

img_9755

設営を手伝うつもりで、子供たちが邪魔してくる。
彼らは、まったく戦力にはならないけど、愛玩性を発揮するので、可愛いだけでいいかなと。コチラが忙しく動いているこういう時に限って「だっこ~」と寄ってくるのがちょっぴり愛嬌だ。(‘ω’)

.

 数々のインターセプトをかいくぐり、なんとか設営して「じゃぶじゃぶパラダイス」へ。

img_0508
この「じゃぶじゃぶパラダイス」は、一人1,000円でさんざん遊べて破格。
遊んでる最中に子供たちが鼻から水を出しながら、「来年も来よう」と言っていたので、「そんなこと言ってると鬼が笑うよ?」というとキョトンとしていた。
もう少し勉強してください。

 

さて、クッタクタになるまで遊んだ後に夕飯の用意へとりかかる。

img_0249
キャンプは料理が醍醐味なんて言うけど、ちょっと大人は、 この時点で
クッタクタ過ぎで、みんな椅子に座っている( ;∀;)

どうやら子供たちと一緒にはしゃぎすぎたようで、 テントに入って寝っ転がりたいなーと顔が語っているのに気が付かないふりして、肉を豪快に焼くことにした。

「キャンプでは、あんまりサシの入っていない赤みの肉を
焦げ目をつけて焼くのがおいしいよね~」なんて焼いていても
ヤギのような眼で顔をこちらに向けるだけで、大人たちが
反応しない( ゚Д゚)グウテイモクデショウカ?

まあこれだけ疲れれば、子供たちも疲労しているはずだから
早く寝るから後で楽だろうと思っていたところ

 

img_0250

夜になっても元気いっぱいの子供たちは、どの写真を見てみても身体が
ぶれて映っているぐらい、天狗のように走り回っている。

.

 去年そうしたように、夜の21時になってから、ちょこっと山道を探検することに。
月明りは、森の木々にさえぎられているので、まさに漆黒の闇。
自分たちの持っているライトがないと、何も見えないので必然的にお互い寄り添って、最初は振り回していたライトもしっかりと握りしめて、とぼとぼと歩くのが印象的だった。

時折、風もないのに森がガサガサと音を立てるので、「熊いないかな?」なんて聞いてくる子もいたので、「いないよ」と答えたけど、ニュースで、さがみ湖近辺の山にツキノワグマの目撃情報が多数あったなんて、口が裂けてもこの状況では言えないわけで。

遭遇しなかったけど、本当に熊じゃないよね?

∩___∩
| ノ      ヽ
/       |
|    ( _●_)  ミ
彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
|       /
|  /\ \
| /    )  )
∪    (  \
\_)

 

行ってきました、ららん藤岡。藤岡ららん。

みなさん、こんにちは。

いまだ休みボケが抜け切れていないツナガル市運営スタッフの大畑です。

ところでみなさんは「ららん藤岡」をご存知でしょうか。私は毎年母親の実家がある群馬へ家族でお墓参りに行っているのですが、そこで毎年きまって寄るのがこのららん藤岡です。

ららん藤岡はこちら

藤岡インターから高速を降りるとすぐにあり、毎年のことながら駐車場は満車状態の人気スポットです。

ここで何といっても人気なのが「ガトーフェスタハラダ」さんのラスクです。

池袋東武百貨店にもお店があるこのラスクのパッケージは誰しも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。おいしいね、ラスク。

キャプチャ

 

さて、脈絡のない話はつづきますが、要は私が伝えたいことは、キャッチアップ画像にも使いましたこのららん藤岡の遊園地の雰囲気が好きだ!ということです。

 

 

↑「遊園地だ~!」と言いながらはしゃぐ娘

 

↑職業を真剣に考える息子

 

そして私は「しつけ」といいながら、結局コインを入れてあげなかったことを今でも後悔しています。